月別: 2017年8月

バイタミックス750、780の価格比較!最安値のお店もご紹介♪

日本でも2016年の10月に発売された、新しいモデルのバイタミックス 750は、マットブラックが税込で138,240円、シルバーが税込149,040円です。

対してバイタミックス 780は日本で発売されておりませんので、並行輸入の会社さんから買うかたちになります。バイタミックス780は、楽天市場で現在、税込127,800円で販売されている店舗さんが1つと、税込149,800円で販売されている店舗さんが1つあるようです。アマゾンやヤフーショッピングでの販売は現在はないようですね。もう1つは、バイタミックスを専門に販売されている、バイタライフという店舗さんが、税込118,000円で販売されているようです。

 

バイタミックス780の日本でに発売日はいつになるか?ということを考えている方もいるかと思います。しかしバイタミックス780は、日本では発売されないと思います。理由は、750が発売されたのが2016年の10月と考えると、日本正規品の新製品の発売は、周期的に2018,2019年かと思います。ただ海外ではすでに新しいモデルが発売されているので、バイタミックス780は日本では発売がないかと思います。また個人的には輸入品でも、品質は変わら無いので、輸入品の方が安いのでおすすめですね。

 

バイタミックス 780とバイタミックス750の価格について考えると、ミキサーの価格ではありませんよね。しかし、このような機器は長持ちするので、価格分の価値は十分にあると思います。安くて、パワーのないブレンダーは、使用していくうちに損耗し、頻繁な買い替えが必要です。そのため、長い目で見ると、かかる費用は同じくらいになってしまいます。そして、バイタミックスの場合は、さまざまな機能が付いたプロ仕様のブレンダーが自分のものになるというおまけ付きです。ここでは詳細に触れませんが、健康の維持や医者にかかる費用も節約できるかもしれません。
結果色々調べてみると、バイタミックス750,780のどちらも最安値のお店は以下の店舗さんでした。

 

バイタミックス | Vitamix 専門店【バイタライフ(Vitalife)】
https://vitalife.shop-pro.jp

  • バイタミックス750は、107,000円
  • バイタミックス780は、118,000円

保証は5年まであるようで、5年だと750が115,000円、780が126,000円。バイタミックス750,780ともに最安値で、圧倒的に安いと思います。結構色々なお店を調べたので、おそらく間違いないかと。

楽天市場で買うとポイントもつくので、それも加味してもいいですが、価格だけならこちらの店舗さんが一番安いですね。バイタライフさんの口コミは見かけませんが、専門でやっておられるだけの保証内容、そしてバイタミックスに関する知識はとてもあるはずです。お客様の声をみるとすごい量あるので、まず間違いない店舗さんかと思います。

ちなみに安かったので、わたしはこちらで購入です。メールでの対応も丁寧でしたし、この価格で買えてとても満足です。

もっと読む バイタミックス750、780の価格比較!最安値のお店もご紹介♪

ブログを書いてみて、バイタミックス750・780のどちらが良いかの結論

 

簡単にまとめると、このバイタミックス780 vs バイタミックス750のレビューを通して指摘された主な相違点は以下のとおりです。

 

1) バイタミックス780はバイタミックス750よりも若干音が大きい

2) バイタミックス780の特徴は、LEDタッチパネル搭載のコントロールパネル

3) バイタミックス780、750はそれぞれ異なる色展開

4) バイタミックス780は、掃除がしやすい

5) バイタミックス780の方が価格が高い

 

そうは言っても、バイタミックスのGシリーズモデルは、Cシリーズのモデルに改良が加え続けられています。

全自動プログラムやパルス機能、コンパクトなコンテナなど、消費者が望んでいた機能を搭載した結果、Gシリーズのバイタミックスは、よりコストのかかる投資となりました。

従来のバイタミックス5200、Cシリーズのモデルも同じような性能を備えています。ですから、もし価格が問題なのであれば(ほとんどの場合、価格が問題なのですが)、バイタミックスの従来モデルを選択しても間違いないでしょう。ただ価格的にある程度余裕があるようでしたら、やはり新しいモデルを購入する方がいいでしょうね。

もっと読む ブログを書いてみて、バイタミックス750・780のどちらが良いかの結論

掃除の面でみると、バイタミックス780の方が750よりも優れている?

 

掃除に関しては、どちらも同じ素晴らしい機能がついていますが、バイタミックス780が優れている小さな違いが1つだけあります。

つまみやボタン、ダイヤルなどが付いていないタッチパネルを採用しているため、湿ったスポンジで画面を拭くだけで掃除ができるのです。表面が平らなため、汚れが溜まりがちな、細かい割れ目が一切ありません。

ちなみに、バイタミックスのブレンダーは一般的に、次の2つの理由により掃除がしやすくなっています。

♥ 分解する部品がない(コンテナーは、外すことができないブレードが取り付けられた1つの部品になっています)

♥ 自動洗浄モード。バイタミックスを使ったことがなければ、「クリーニングモード」で掃除がとても楽になることに感動するはずです!

♥ お湯と洗剤を数滴加えて、ボタンを押すだけです。数分でピカピカになります。

♥ ブレンダーは、使用した直後に掃除をして、コンテナは決して食洗機に入れないようにしましょう。

もっと読む 掃除の面でみると、バイタミックス780の方が750よりも優れている?