掃除の面でみると、バイタミックス780の方が750よりも優れている?

 

掃除に関しては、どちらも同じ素晴らしい機能がついていますが、バイタミックス780が優れている小さな違いが1つだけあります。

つまみやボタン、ダイヤルなどが付いていないタッチパネルを採用しているため、湿ったスポンジで画面を拭くだけで掃除ができるのです。表面が平らなため、汚れが溜まりがちな、細かい割れ目が一切ありません。

ちなみに、バイタミックスのブレンダーは一般的に、次の2つの理由により掃除がしやすくなっています。

♥ 分解する部品がない(コンテナーは、外すことができないブレードが取り付けられた1つの部品になっています)

♥ 自動洗浄モード。バイタミックスを使ったことがなければ、「クリーニングモード」で掃除がとても楽になることに感動するはずです!

♥ お湯と洗剤を数滴加えて、ボタンを押すだけです。数分でピカピカになります。

♥ ブレンダーは、使用した直後に掃除をして、コンテナは決して食洗機に入れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です