カテゴリー: バイタミックス 780

バイタミックス780のタッチパネルに価値はあるのか?

バイタミックス初のタッチパネルつきブレンダー、バイタミックス780について詳しく説明させてもらうのが楽しみで仕方ありません!

バイタミックス780は、 バイタミックス750と機能や性能に関してほぼ同じですが、異なる点が若干あります。

比較について詳しくご説明する前に、多くの方が気になっているであろう780とタッチパネルに関する感想を挙げていきます。

 

最新かつ機能性が重視された、Gシリーズモデル(別名、次世代モデル)の中で、780は、(今のところ)タッチパネルを搭載した唯一のバイタミックスのミキサーです。

つまり、本体から突き出ているつまみやボタンが全くない、ということです。

そして、平らなディスプレイは強化ガラスでできており、傷がついたり割れるようなことは、ほぼありえません。(私のiPhoneだけでも同じ素材でできていればどんなによかったことか…笑)

速度やリズム、そしてあらかじめプログラムされた設定は、タッチパネルで調整できます。タッチパネルは、タッチするとライトが付くようになっています。

 

新しい780には、モダンでしかもハイテクを感じさせる、独自の美しさがあるとすぐにお気付きになるでしょう。

しかし、余分なお金をかけて手にいれる価値があるのでしょうか?

 

スマートフォンを例にとって説明したいと思います。

かつて私は、愛してやまないBlackberryを永遠に手放さないと誓っていました。友人や家族が「スマート」なタッチパネルつきの携帯電話に変えていくのを見ていたのにも関わらずです。

最終的に、iPhoneに変えてしまいましたが(周りのプレッシャーのせいでしょうか?笑)、初めのうちは、タッチパネルを使うことにかなりの違和感がありました。

 

しかし、だんだん慣れてきたのです。今では…多くのiPhone愛好家と同じように、最新の携帯電話に夢中になり、ボタンを押すタイプの携帯電話に戻るなんて想像がつきません。

タッチパネルは、よりモダンで効率的に感じます。

とはいっても、バイタミックス780とバイタミックス750を比較する場合、両方が「ごく普通」のブレンダーの性能をはるかに凌ぐ、素晴らしいミキサーです。

結局のところ、最新技術を手にいれることにどれくらい興味があるか(そして、その技術のために少し余計に出費したいと思うか)ということなのです。

 

もっと読む バイタミックス780のタッチパネルに価値はあるのか?